買取バイカ(Buyca)のAmazonギフト券の買取条件・サービスをまとめました。

Amazonギフト券買取業者をご紹介~買取バイカのサービスに迫る

Amazonギフト券の換金率を重視するなら「買取バイカ」への売却がおすすめです。国内大手の電子ギフト券買取サービスのため安全性・信頼性にも優れています。同社の買取条件やサービス内容についてまとめました。

買取バイカ

買取バイカ(Buyca)は買取本舗の姉妹サイトで換金率は同条件だ。
店頭表示の換金率は常に業界トップだが、券種や額面によっては条件が下がることもあるから注意しよう。Amazonギフト券買取サービスで買取バイカを選ぶ価値があるのか徹底検証してみたぞ。

ギフルブルー

 

買取バイカとは

買取バイカのスクリーンショット

 

買取バイカ(Buyca)は買取本舗と同じ会社が運営するAmazonギフト券買取業者です。
他社が90%程度だった時に新規一律94%を実施するなど、その高い換金率で話題になったこともありました。

 

昨今はAmazonギフト券の換金レート相場が低下した影響もあり、他サイトに比べて極端に優遇されることは無くなりましたが、それでも新規&リピーターの換金率は業界トップクラスであることに変わりはありません。
同サービスの特徴やメリットについてご紹介いたしますので、候補の一つとして是非比較・検討してみてください。

 

運営実績と安全性

安心感があるサービス

 

高い換金率を見て逆に不安を感じる方が多いようですが、買取バイカは2012年より運営を開始した業界内でも老舗のAmazonギフト券買取業者です。
運営会社情報は非公開となっておりますが、買取サービスを利用した場合は「株式会社七福堂」の名義で振り込まれていることが判明しました。
法人運営・古物営業の許可取得業者ということで、安全性・信頼性に問題は無さそうです。

 

公式サイトの一覧表で適用される換金率は、EメールタイプのAmazonギフト券など条件が限定されますが、要点を抑えれば誰でも簡単に店頭表示条件の内容で買取してもらえます。

極端に換金率が下がる・高額な手数料を取られる・強引な押し売り・個人情報の転売等の恐れはありませんのでご安心ください。

 

買取本舗との違い

バイカと買取本舗の違い

 

買取本舗と買取バイカは姉妹サイトで、換金率のレート情報や顧客情報を共有しているため、どちらで申し込みをしても原則として条件は同じです。
なお、新規利用者は換金率が優遇されますが、買取本舗の利用歴がある方は買取バイカへ相談しても2回目以降のレートが適用されるためご注意ください。(先に買取バイカを利用した場合も同様に、買取本舗の新規優遇は適用外です。)
運営元やサービス内容は同じですので、どちらを使っても問題はありません。

 

唯一の違いを挙げるなら、買取本舗のみ繰り返し利用して優良ユーザー認定を受けた人に対して、換金率と振込時間が優遇されるプレミアムメンバーが用意されている点です。
頻繁にAmazonギフト券買取サービスを利用したい方は、買取本舗を選ぶとよいでしょう。

 

その他、稀ながら姉妹サイトで異なるキャンペーンを実施するケースがあります。
アマギフ買取サービスをご利用される機会が多い方は、買取バイカと買取本舗それぞれの利用実績を作って双方のメルマガをチェックしておくとよいでしょう。

 

買取バイカのデメリット

注意の標識とギフルイエロー

 

買取バイカには以下のデメリット・注意点があります。

  • 24時間営業だが電話窓口がない
  • カードタイプや印刷タイプは換金率が下がる
  • チャージタイプは買取不可
  • 額面によっては換金率が下がる
  • 時間帯や混雑状況によっては対応が遅い

カードタイプや印刷タイプの買取条件が下がるのは他の買取サイトも同様であり、送料も掛かるため現金化には適していません。
額面による変動は、具体的には「1,000円×10枚よりも1万円×1枚の方が優遇されることがある」などです。
これから電子ギフトを取得しようと考えている方は、事前に好条件で買取してくれる取得方法を確認しておくことをお勧めいたします。

 

また、電話窓口がないため、時間帯によってはメール問い合わせの返信に数十分ほど待たされます。
急いでいる際は問い合わせから入金までで1時間以上の時間を見ておくとよいでしょう。換金率が高い分、サポート体制とスピード対応は若干弱めです。

 

総評

ギフトを換金するイメージ

 

Amazonギフト券買取に於いて換金率は最も重要なポイントと言っても過言ではありません。
当サイトが調査を実施した際も、買取バイカは他の大手優良買取サイトに比べて1~2%高い換金率(初回利用時)でした。

 

少しでもお得に資金調達したい方は買取バイカを有力候補にしてみてください。
なお、安全性・信頼性には問題はありませんが、サポート体制や対応時間にデメリット・不安点が残る点については予め把握しておきましょう。

 

Amazonギフト券の換金率はトップクラス。ただし、最近はiTunesカードの方が換金率が高くて、iTunesカードは他社の条件に劣るケースがあるよ。
既にAmazonギフト券が手元にあって、好条件で買取してもらえる額面・券種の人に向いている買取業者だね。

ギフルイエロー