Amazonギフト券の個人売買は手数料で損をする恐れがあります。

ヤフオク手数料は○%!Amazonギフト券個人売買の注意点

ヤフオクやフリマアプリでのクレジットカード現金化が一時流行しましたが、現在はどのような状況になっているのでしょうか。当ページでは個人売買のメリットやリスク、方法等についてご紹介したいと思います。

Amazonギフト券の「個人売買」

Amazonギフト券は様々な方法で売却・換金することが可能ですが、その内の一つが、ヤフオクやメルカリ等を利用した「個人売買」と呼ばれる方法です。どのようなメリットがあるのか、コスト等も含めて確認していきましょう!

ギフルピンク

 

個人売買の方法

スマホで売却先を探す

 

知人や家族・友人など、身近に購入してくれる人がいれば手っ取り早いのですが、そう都合よく見つかるはずもありません。
さらに、まとまった金額ですとトラブルに発展する可能性もありますので、個人売買ではヤフオクやモバオクといった「オークションサイト」や、メルカリ・ラクマ等の「フリマサイト」を活用するのが一般的です。

 

また、最近ではAmazonギフト券やiTunesカードといった電子ギフト券の売買サイト(後述する「アマテン」など)も登場しており、売却する方法・手段は増えつつあります。

 

金券ショップでは取扱無し

大黒屋等の大手金券ショップでは、Amazonギフト券の買取を行っておりません。
一般的に、商品券はお店の人に渡して使用する言わば“現金の代わり”として用いられますが、Amazonギフト券は記載された「コード」を入力することで額面分がポイントとして付与される仕組みです。

 

当然、価値を算定するには当該Amazonギフト券がきちんと使用できるものであるかを確認しなければならないのですが、確認にはアカウントが必要になります。
つまり、有効性の確認作業は労働力の大きな喪失となってしまうのです。

 

なお、ポイント付与済のアカウントを丸ごと譲渡するという方法もありますが、アカウントの売買は規約違反ですので、実質的に譲渡の方法が無いということになります。

 

個人と業者の違い

個人売買は、不特定多数の人から購入者を募る形ですので、購入者が現れなければいつまで経っても現金を得ることができません。
ただし、価格は自身で設定出来ますから、納得のいく金額で売却することが可能です。

 

Amazonギフト券買取業者での換金は、換金率・スピードに優れてはいるものの、換金率は毎日変動しておりますので、安定性には欠けると言わざるを得ません。
そのため、どちらの方が良いとは一概には言えず、状況に応じてマッチする方を選んでいただくのがベターです。

 

  個人売買 買取業者

メリット

高く売れる可能性がある いつでもすぐに換金可能

デメリット

いつ売れるか分からない 換金率が不安定

 

各サイトのサービス詳細を見る

個人売買では以下のコンテンツを利用するのが一般的です。
手数料・利用者のニーズ・相場等、様々な面に差異が見られますので、ご自身に合った方法をお選びください。

 

ヤフオク

ネットオークションの草分けヤフオク

 

インターネットオークションのパイオニア「Yahoo!オークション(通称ヤフオク)」。
圧倒的な利用者数を誇り、PayPayやTSUTAYAといった他サービスとの連携も豊富な正にインターネットオークション界の王様です。

 

しかし、手数料が8.8~10%と高額であり、例えば額面の95%で売れたとしても、実質的な換金率は85%前後にまで落ち込んでしまいます。
手数料還元やプレミアム会員登録料が無料等のキャンペーンも適宜行っておりますので、タイミングが合えばお得に利用することが可能です。

 

 

フリマアプリ

フリマアプリ比較

 

「フリマアプリ」という新しいコンテンツを確立したメルカリでは、以前よりクレジットカード現金化目的で利用する方が多く存在しておりました。
例えば、現金を直接出品したり、suicaやPASMO等にお金をチャージした上で出品したりといった手法です。

 

こちらは大きな社会問題ともなり、残念ながら現在では金券類は全て禁止出品物として取り扱われており、アマギフ買取では利用することができません。
フリマアプリ内では、ラクマやPayPayフリマ等がかろうじて利用できる状態ですが、規約違反のリスクがありますので現在ではあまりお勧めできない方法です。

 

 

アマテン

個人売買サイトアマテン
アマテンとは、自身で金額を設定し購入者を募る個人売買サイトです。
Amazonギフト券だけではなくiTunesカードや楽天ポイントギフトカード、ウェブマネー等の売買も取り扱っておりますので、フリマアプリ等で出品が禁止されている電子ギフト券も売却することが出来ます。

 

ただし、利用者数が少ないため「買い手有利」な側面があり、換金率が低くなってしまうリスクがあります。

 

 

コストや利用のしやすさなど、自身に合ったサービスを選ぼう!

ギフルレッド